W2-DRESSは リメイクサービスです(将来 セット商品としても販売予定)。

ですので、まずご自身が着たいというドレスをお選び下さり、

それを リメイクする形になります。

少し普通のショッピングと異なりますので、方法を見ていきましょう。

・ドレスを選ぶ
    サイズをチェック
    デザインをチェック
・リメイク部分のイメージをまとめる
・5セットの中身をチェックする
・問い合わせする

ドレスを選ぶ

まず 基本ご自身のサイズでドレスを選びます。

ここでは、格安で手に入るサイトとドレスを紹介します。

まず楽天市場内の  cute洋服屋

格安ながら種類も多くて 縫製も悪くないです。写真が豊富で細かなディティールも確認することができます。高級な素材ではありませんが、名前の通り キュートなデザインが多いのが特徴です。

サイズもXSから XXXLまでそろっているので安心です。

サイズの選び方はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:11880円(税込、送料別) (2020/1/29時点)

例えばこちらは たっぷりなボリュームの上 お袖のジュエリーーフリンジ、後ろのリボンなどディティールパーツがたくさんありますね!

後ろのリボンは、前スカート裾部分に移動してもキュートです。  肩の部分につけると 片麻痺や傾斜のある方ラインをカバーすることも出来ます。こんな風に ドレスを素材としてみて ディティールをよく見て選ぶとそのパーツをアレンジてデザインに使うことができます。なんとこのお値段!すごいです。

ドレスのスカートに刺繍パーツや飾りのついているものもおすすめです。車椅子で足を曲げた状態では ひざ部分がとてもキュートにデザインできるのです。ひざ部分に 刺繍やデザインを配置します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

価格:10560円(税込、送料別) (2020/1/29時点)

オフショルダーもとても女性を美しく魅せてくれますね。

気になる胸元も 刺繍パーツや オーガンジーを利用したフリルなどを施し 気にならない用デザインいたします。

・リメイク部分のイメージをまとめる

ここでは車椅子ユーザーに限ったサイト作りになっていますが、それ以外の障害の方もご相談に応じます。腕の欠損 低身長 側弯症など ご相談ください。

車椅子ユーザーでも体幹保持の難しい方は ウェディング素材でベルトもお作りします。片麻痺のある方は、傾斜の低い部分に 大き目なデザイン 花コサージュやリボンなどを持ってくると バランスが取れます。電動車いすでスティックが ちょっと武骨に見えて気になるようでしたら、スカートで覆ってみましょう。

胸が大きい 胸が小さい 腕などに隠したい部分がある などなどリメイクしたいところは それぞれ違っていろいろです。そのイメージをなんとなくでよいので、まとめておいてください。お問合せ時に 詳しくご要望をお聞きします。

W2-Dressは、オンライン上で完結するオーダーメイドです。そのためご自身のお写真なども(可能な範囲で)見せていただく場合もあります。またしつこいくらいに メールでのやりとりが行われる場合もあります。

それを通して 本当に隣人の方にお作りするように作りたいのです。

・5セットの中身をチェックする

W2-DRESSのリメイクは 車椅子でも座ったまま着用できるように開発された リメイクです。5つのアイテムから成り立っています。当然立位片麻痺など、必要のない部分がある方もいらっしゃると思いますので、

それぞれ内容を把握したうえ 必要 不必要をチェックしてください。

①両脇ファスナードレス

両脇ファスナー開きのため 前から直接体にセットして着ることができます。後ろ身頃は肌に優しいコットンスムースのゴム入りシャーリング。さらに取り外しバスとパットもお付けしますので、サイズやずれの心配もありません。

②エプロン型パニエ

③丈調節可能な取り外しフリルパーツ

 

 

 

 

④アンダーペチコート

⑤車椅子 カバーリングキット

・ハンドリム巻き用ストレッチレース(ご自身で装着)

・背もたれカバー

・フラワーリボン飾り

 

問い合わせをする

さあ、イメージがわいてきたら 全部決まっていなくても大丈夫。

選ぶドレスがわからなくても大丈夫。

使用するときと状況をお知らせください。デザインリメイク提案をさせていただきます。

無料お問い合せ・お見積もりはこちらから

 

 

 

 

 

W2-Dress

障害者の明日を ファッションを通して 新しく豊かにします。     W2-Dressデザイナー・ 福祉医療衣服 車椅子被服研究家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です